スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口利き報道に関して

遅くなりましたが、最近良く聞かれますので表題の件に関して。

先ずは報道の一例↓
-------------------------------------------------------------------------------------------------
大阪維新の会の大阪市議が市職員に対し、支持者の要望を聞くよう求める「口利き」をしている――。維新代表の橋下徹市長のもとに、市議を手厳しく批判する市職員の告発メールが届いていたことがわかった。橋下氏は議員の口利きや要望内容を市側がすべて記録・公開する方針を固めたばかり。市職員に謝罪のメールを早速送り、口利き記録化の徹底を再度表明した。
 「維新の議員からの接触が一番程度が低く、露骨」。市職員の市長宛てメールは、維新市議の態度を厳しく批判していた。「内容を言わずに呼びつけ、支持者を連れてきて我々をいきなり詰問する」「特に若い議員、社会人としてのマナーから再教育すべきだ」……。この市職員は橋下氏に対し、議員からの接触すべてを記録化すべきだと提案していた。
 橋下氏は23日、「申し訳ありません。代表として維新の会に伝えます」と返信した。維新市議団の坂井良和団長は24日午後、急きょ全市議を集めて「議員は行政とのつなぎ役だが、目的や手段を間違ってはいけない」と注意。事実関係の調査や、所属議員33人のうち20人を占める1期目議員の教育を強化すると決めた。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
このような報道がされていますが

だれが行なっていたとか、全体的にどうだかは分からないが、私自身口利きしたことは無い。
恐らく、他の維新新人も口利きなどはほとんどやっていないでしょう。
この点に関しては、過去の議員の方がよっぽど横行していたと思われます。

まず、上の文章に対して
「程度が低く露骨」←ってことは口利きってことになるかもしれないが、程度の差はそれぞれにあると思います。
「内容言わずに呼びつけ」←したことありません。他の人は分かりません。
「支持者を連れてきて我々をいきなり詰問する」←したことありません。他の人はわかりません。

ここでは、私のことではないと言いたいのではありません。
「若い議員のマナーから再教育すべきだ」とメールにあったように、新人議員がとりわけマナーや態度に問題が
あるのであれば、それは直す必要がありますし、真摯に対応します。

それとは別に、メールの差出人は分かりませんが、メールに対して謝罪し我々が態度を改めることは
重要ですが、この報道を認め謝罪することは、我々が「口利き」を露骨にしていることを
認めるのでしょうか?これに関しては、新人に対する教育とは別軸で捉えた方がよいと思います。

市議団の一期生は、先輩議員が少ない分、則戦力となるよう頑張ってきたと思います。
しがらみもないため、口利きも少ない分、真っ直ぐやってきたのではないでしょうか。

職員の方が、新人議員を対象としているのは事実として、マスコミはこれにかこつけて口利きが横行している
としています。この報道に関して謝罪するということは、新人が露骨で程度の低いやり口で口利きをしているという解釈につながります。

団として教育の強化をすることや、謝罪をすることに異議はありませんが
露骨で程度が低い口利きや横柄な態度をとる一部の新人議員と包括した上で問題点を絞っているのは
マスコミの取り上げ方も、会派の対応も納得はしきれない部分です。

焦点を絞り断罪するのではなく連帯責任。我々みんなで考えるべき問題だと思いますし
新人教育と口利きに関しては、やはり謝罪や対応も別に考えないといけないと思います。

実際に、調査チームの設置や、教育の強化は別軸で会派として動く方向になっていますが
包括的に謝罪したことで、市民からすると、上のような理解となっています。
実際に「お前じゃないやんな?」という声を多く聞きます。

このことを踏まえ、会のあるべき姿を作れるよう助力していきたいと思います。

さて、明日からは本会議!来週は予算委員会や維新八策のPT!など課題が目白押しですが
頑張って参ります。
スポンサーサイト

維新八策

ブログも久しぶりになりました!なかなか書く間がなく、筆不精で申し訳ありません。

さて維新の会は現代版の船中八策 いわゆる維新八策を発表しました。これまで先送りにされていた
国家レベルの問題を、地方から議論していくことになります。

来週の26日には全体会議で素案をまとめる方向になりましたが、各テーマごとに市議団でも検討することになります。
現在8つの課題を6つに集約してチームでの深堀をすることになりましたが、
私は社会保障に関するチームのリーダーになりました。

社会保障は、現在の年金賦課方式が破綻していること・生活保護費の問題・税と社会保障の一体化といった
様々な問題を孕んでおり、持続可能な日本の社会保障制度は、国策における肝であると考えます。

私自身、市議団の中で、民生保健委員会や生活保護対策PTに属しているため、現在の社会保障制度の崩壊を
認識していますが、やはりこれも国の法律を変えなければ根本的な解決はできないという状況。
地方議員が国策を考えるのはどうかという意見もあるが、将来の地方行政を担保するためには
やはり国をも変えていかなければならず、我々もただ国を批判し、指をくわえているという場合では
ないと考えます。
生活保護ひとつにしても、国の法律でがんじがらめ!働いて、保険料を納めている人より優遇されていても
法律に縛られ何一つ解決できない状況。頑張った人が報われる、働いたほうが良いというインセンティブが得られる、その上でセーフティーネットは確保されるものを作っていかなければなりません。

2月・3月は議会もあるので、ドタバタですが、維新の八策に関しても鋭意研鑽して行きます!!

<船中八策発表の全体会議>
全体会議での松井知事です。これまで優遇されていた、様々な既得権益と戦っていかなければなりません。
敵をつくりますが、私はこの全体会議で、本当に熱くなれました。なぜなら、これまでタブーであったが
必ず解決しなければいけない問題を提示できたからです。
先送り政治を決別し、日本の夜明けのために戦います!!
知事 全体会議

政調

2月に入りました。昨日は、東淀川区民健康マラソンが開催されました。
私は走る予定がなかったのですが後援会の方から、「当日エントリーできるから 今から走る準備して!」
と出走1時間前に急遽言われ、走る羽目に; ;
タイムは5㎞で24分台!!めちゃ遅い割に、超しんどかった
二年前は、同じ区民健康マラソンで、10㎞に参加し45分台だったので、半分の距離にかかわらずタイムも
遅くなっている、自分の体力の衰えに寂しくなりました痩せよう‐‐




<維新本部での会合>
また昨日は橋下代表との、意見交換会がありました。広域な話題から、地元ネタまで、様々な意見交換ができました。非常に有意義であり、私たちの予算要望も着々と進みそうです。
DSC_0210.jpg

本日、神道政治連盟の講演会が市役所隣の公会堂であり、安倍元総理の演説を聞きに行きました。
大阪の教育改革を褒めてくれてるものの、自民党は私たちの教育基本条例を否決した経緯があるのでいいまわしが難しくなりますね。
DSC_0212.jpg
プロフィール

守島 正 (もりしま ただし)

Author:守島 正 (もりしま ただし)
大阪市会議員(東淀川区選出) 
中小企業診断士
大阪維新の会所属

経歴:
豊里幼稚園→豊里小学校→大道南小学校→大桐小学校
→大桐中学校→大阪工業大学高校(現・常翔学園高校)
→同志社大学→新日本製鉄(新日鉄)

東淀川生まれ・育ち。
愛する大阪と地元の活性化のために邁進します。

HPは以下の通りです
http://t-morishima.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。