スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葬祭場 斎場 霊園の運営形態について

一月も末になりました。明日で1月の本会議も終了します。2月の後半からは、また議会が始まりますので
前半は勉強会などを多く開催し議会がない期間を有意義に過ごしていきたいと思います。

さて、先日の質疑が大阪市会のHPにアップされました↓
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu260/live/committee/20120125min.html
私の部分をピックアップしたものは、私のHPにリンクを貼っております。

今回は、大阪市が保有する葬祭場や火葬場や霊園といったものが、直営であったり
建物は市有だが民間に運営委託する指定管理という形態をとっていたりするのですが
これについての質疑でした。

今まで、ブラックボックスで各局が指定管理者を選んでおり、役所の恣意的な関与が
見られていたと思います。結果、外郭団体や本市とつながりがある団体を管理者として選びやすい
体質になっていましたが、この答弁では各局ではなく、総務局で一元化する旨の解答がありました。

これは、橋下市長発案の市政改革PTの成果であり、非常に重要なできごとであると認識します。
各局や所属に決定権を委ね、ブラックボックス化すると恣意的な意思が入り、全体最適を
選ばなくなる可能性があります。一元管理することで、局の利益や独自の関係をなくし、
本市として最適かつ公正な判断を促せるようになります。

予断ですが、この動きを見たときに、この市政改革PTのような部隊が、将来国に創設され
今まで各省庁で雇われ 各省庁の利益のために動いており、各省庁の予算や天下り先を確保することが
出世条件だった国の人事制度を変え、内閣で一元化することで、国家公務員を縦割りの省庁ではなく
国や霞ヶ関全体のために動く組織を作ることに繋がるのでは・・という展望を創造させてくれました。

これは、完全なる年功序列と身分保障による人事の固定化と肥大化をしている公務員制度を変え
頑張った人・やる気のある人が評価されるべきという公務員人事の流動化と両軸で進めるべきものです。
この一元管理と人事の流動化が、大阪だけでなく国の役所を再生させる最重要マターとなります。
この動きを助け、進めていくことが、私、そして維新の目的といっても過言でありません。

話は逸れましたが、続いて重要な質疑もしております。
大阪市は、葬祭場~埋火葬において、指定管理制度を使い民間にまかせながらも、施設は市有であったり
そもそも直営で行なったりしています。
私が質疑した一例をあげると、ある葬祭場(土地39億・建物/備品35億)を指定管理者に運営委託
しているのですが、この葬祭場建設に75億の税金が投入されているにかかわらず、
指定管理者には年1000万円 大阪市に支払ってくれれば良いという条件で契約しております。
これでは、減価償却費の一部も回収できませんし、これからの施設の補修費も賄えません。
民間では普通に葬祭場経営しており、投資の回収も行なわなければならないのに、
市の場合は「これは公共の福祉だから経営とは別で、税金の回収を目的としない」という理論になります。
これがお役所組織の脳ミソを表す考え方であり、公共の福祉という名目を使えれば何でもありという
発想につながっています。こんなことすれば、民間が頑張っても公が価格破壊をすることも可能
市場原理も何もありませんし、税金を払っている市民からすれば「何で一部の人達のために税金つかってるねん!」と思われても仕方ありません。
このような考え方は、役所では往々にしてあり、あげてはキリがありませんが、今までの役所ではこれが
当たり前であり、政治家も いくら税金を使っても、地元の人達の便宜供与を行なうことの方が優先される
と思っていた人が多いのでしょう。 政治家のあり方も役所のあり方も変えなければなりません。

こうしたことを踏まえて、色々質疑させてもらいましたが、持ち時間が無く大分簡略にしています。
しかし、橋下市長は誠意を持って応えてくれ、「委員ご指摘の方向で進めます」との言葉を頂きました。
大阪市役所のあり方が変わるのを間近で見ながら仕事ができることに感謝しながら、これからも戦っていきます。

<質疑模様>
事務局に写真を撮ってもらいそびれ、井戸議員が質疑しているアングルでの写真しかありませんでした^^
守島向けっぽく写っていたので掲載します。しかし、市長が変わると組織も変わりますね☆
2012-1-25 事前調査(民保・計消) 001 (27)


スポンサーサイト

府市統合本部に関する勉強会

今日は雪が降りました。大寒も過ぎたので、ここらへんがピークと考えたいですね^-^
さて、昨日は民生保健委員会があり、橋下市長と初の直接質疑を行いました。
詳しくは、来週明けに市会のHPでUPされるので、ブログ上でも来週に紹介させて頂きます。
とにかく市長も職員も、前向きに提案を受け入れてくれ、非常に有意義なものになりました。

本日は、現在 府と市が統合本部を設置し、都構想の制度設計や業務の仕分け、政策や戦略策定を行って
いますので、その内容のレクチャー及び、質疑応答を行う勉強会に参加しました。

地下鉄・バス→民営化
水道→大阪市水道局の水道企業団入り→府域一水道へ
大学→学部再編→合併の検討
消防→大阪市消防局を大阪消防庁へ→市域外から委託を受ける形で府内全域を大阪消防庁に
ゴミ処理→収集などの直営部分を独法化or民間委託などスリム化→広域で処理場の最適配置
病院→政策医療含め医療圏ごとの機能の明確化→広域化による独法統合
港湾→非公務員化→スーパー戦略港湾との関連性模索し広域一本化
市場→非公務員化

他にも色々レクチャーがありましたが、↑のようなスキームで検討・始動しています。
それぞれに、問題や法律上の壁があり大変な作業になりますが、議会人としての
意見を発しながら、全力でサポートしていきます。

さあ、面白くなってきました。

区長公募に関して

寒い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか?
守島事務所は、だだっ広いのですが、空調ヒーターが無く、石油ストーブで寒さを凌いでいる状況です。
秘書や後援会の方の辛抱強さに敬服する次第^^

ところで、年末に1月中にブログで公表したいといった目標に関してですが、
実は、先日締め切りがおわった区長公募に挑戦することでした。

これに関しては、本日の読売新聞朝刊で、実名で書かれておりましたが、

結論から言うと、区長の公募は取り下げることとしました。
実際のところ、年末年始は私自身 公募論文をずっと書いておりましたし、前向きに取り組んでいました。
東淀川区の精査ができたことと私自身の目標が作れたことはいい経験になったと実感しております。

議員として選ばれたにかかわらず、区長を目指すなんてどうかと思うという声も聞きますが、
どうでしょうか?住民の皆さんは、二元代表の一つとして、議員を選んでいるでしょうか?
行政のチェック機関・政策立案機関という位置づけで区の代表者を選んでいるでしょうか?

私は、大半の方が、地元ないしは大阪を良くして欲しいという純粋な理由で議員を選んでいると思っています。
本当に地元の行政を変えるならば、予算権者・人事権者である区長の方が、大阪市全体の一議員より
裁量は大きいと思っております。たくさんの方に負託され議員になった私としては、地元により貢献するために
区長を目指すのは、道理であると考えました。
公募区長に落ちても、議員は辞めないでよいので、区の代表として託された票を捨てるのではなく
より負託に応えられる立場を目指そうとチャレンジを試みました。

例えば、昨年の統一地方選挙で落選した議員が、公募区長に挑戦するという記事を見かけたのですが
区民からすれば、議員として選ばなかったその方が、区の権限を掌握する区長になればどう思うでしょうか?
自分達が選ばなかった人が、自分達の区のトップになるということです。これでは本末転倒な気がします。
それであれば、一定の負託を受けた現職の議員が区長を目指すというほうが筋だと考えます。

将来的には、区長は公選(選挙で選ぶ)にすることを目指し、公募区長はそれに至る一里塚なので
区民からの支持より、将来に向けて組織マネジメントできる方という考え方に徹するのであれば
それは理解するので、優れた人選をして頂ける事を選定委員の方には期待します。

今回、議会や会派の状況踏まえ、様々な要因で私は書類の提出をしませんでしたが、頭の整理はできたため
これから選ばれる区長と共に、新しく財源と権限を持った東淀川区を作っていきたいと思います。
私自身の描く東淀川は、区長公選が終わった後に、皆様にもご提示したいと考えております。

色々お騒がせし、申し訳ありませんでした。どの立場であろうと、職責をはたし頑張って参ります。

昇竜年


一月も中旬に差しかかりました。
年初めから色んな動きがあり、正に大阪が日本が昇っていく年になると感じています。

私も年始から、勉強会や視察があり、充実した日々を過ごしておりますが、もっと知識を深めなければいけない
ということで、村上議員と共に、議員同士が研鑽しあう勉強会の提案などを行なっています。

さて、昨日は本会議の代表質問の日でした。
橋下新市長の答弁には驚嘆しました。先輩議員方々からも、こんな市長見たことないと言われるぐらいです。
市長は詳細なペーパーなしで、一つ一つの質問に明朗に答え、かつ議員に対して反問する。
国会中継でも見たことの無い臨場感漂うやり取りを行いながら、自身の方針を打ち出す。
本当に動く政治とは、このことを言うのでしょう。
本会議の状況は、来週頭にはUPされていると思います。
http://www.city.osaka.lg.jp/contents/wdu260/live/on_demand.html

ここで、今度は淀川区の市位議員のブログをパクって、市長答弁の簡単なまとめを載せます。
○現在の市労連はもはや労働組合ではなく政治団体である
○公務員できること、民間で出来ることを峻別しないとギリシアの二の舞になる
○不連続に挑戦するのが政治である
○地域に世代間の硬直化があるので、循環させていかねばならない
○国家公務員法と地方公務員法とでは、政治活動の禁止についてアンバランスである。国家公務員法に会わせる必要がある
○イギリス並みの政治システムが必要
○民間に出来ることは民間に
○公務員の採用経緯を明らかに、議員の口利きがあればそれも明白に
○内部告発のシステムの構築をしなければならない
○教育委員会は機能していない
○古い考えの教職員は退場
○カジノ誘致はしていく
○今の任命区長の選考経緯は不透明
○北ヤード二期開発は大阪全体で考えるべき
○生活保護の問題は、国政政党がその気になれば明日にでも解決できる
○現役世代に投資してそこから生み出した利益で高齢者に投資

今井先生に引き続き、市位先生すみません^^

<柴島浄水場>
村上議員と共に東淀川区の柴島浄水場に視察に行きました。屋上からの風景です。
柴島浄水場

これからの府域一水道に向けた話し合いや水道記念館や柴島浄水場のあり方などを話し合いました。企業団への参加も踏まえ、局も前向きに大阪の改革、世界で輝く水道局を目指しております。
柴島会議

<今宮戎>
大阪経済の飛躍を祈り、阿倍野区の丹野議員達とエビスさんへ行きました^-^
お賽銭するのも一苦労のスゴイ人でしたが楽しかった。いい一年になりそうです。
今宮戎

さて、今から後援会の役員会。 守島後援会も始動します!!

2012年始動

新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、お正月を如何お過ごしでしょうか?
私は比較的ゆっくり、この年末年始・同級生や同僚やお世話になっている方々と
一緒に過ごすことができ、充実しておりました。

議員は、公選法上、年賀状などを自ら出すことができないため、きちんと挨拶ができていない
皆様に対しては、誠に申し訳なく思っております。
自筆による答礼のハガキは可能なので、新年から そうした挨拶をさせて頂いております。

さて、今年は大阪が変わる年です。
大阪市では区長の公募が始まり、維新市議団では、選挙管理委員等の公募も始まりました。
※選挙管理委員公募 http://ishinnokai-osakashikai.jp/231228senkankoubo.html
閉ざした政治からオープンな政治への移行です。

個人としても、議員団としても、新しい政治を提示できるように邁進して参ります^^
本年も何卒よろしくお願いします☆

<大阪維新の会 市議団33名>
12月28日 最後の本会議の日に、HPのトップページ用に市議団の集合写真をとりました。
このメンバーで今年も頑張って参ります!!
市議団集合
プロフィール

守島 正 (もりしま ただし)

Author:守島 正 (もりしま ただし)
大阪市会議員(東淀川区選出) 
中小企業診断士
大阪維新の会所属

経歴:
豊里幼稚園→豊里小学校→大道南小学校→大桐小学校
→大桐中学校→大阪工業大学高校(現・常翔学園高校)
→同志社大学→新日本製鉄(新日鉄)

東淀川生まれ・育ち。
愛する大阪と地元の活性化のために邁進します。

HPは以下の通りです
http://t-morishima.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。