スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大都市税財政制度特別委員会(ちょっと怒)

急に、涼しくなってきましたね~。節電の夏、事務所もクーラーつけないことが多かったので
Yシャツ脱いで、仕事してた状況を考えると、ありがたいことです。

さて、今週は 民間では休みが多い週だったと思いますが、私自身は いつもより忙しかったです。
まず、大都市税財政制度特別委員会という長い名前の委員会で、第二回目の議員間討議があったのですが、

前提として、最初に維新の会から、他党に大都市のあり方を考える協議会を作ろうとお願いした経緯があり
その回答として、新たな協議会つくるより、この大都市*特別委員会で話し合えば良いのでは?とあったので
この委員会で、それぞれが大都市のあり方、自治のあり方を協議することになりました。

私は、この委員会のメンバーではないのですが、非常に重要な会なので、質疑や回答を作成したり
意見したりするサポートメンバーとして、ずっと参加させて頂いております。

しかし、この議員間討議めちゃくちゃ・・
テーマがあるにも関わらず、他の会派は揃って質問しかしません。
(テーマは区長の選び方・予算のあり方・区の適正規模など)
それぞれが今の行政区をどう思っているか?どうするべきか協議する場のハズ

それでも、我は真摯に、都構想の理念やメリットに加えて
財源配分のシミュレーションで、法制度が改正されれば、区間の格差が無い上で、
今の行政サービスをすべて守り、どの区も黒字にすることができる証明などを作りました。

そうした説明をすると他党は、「もっと、細かい事業の配分を出せ!」
「都構想による増収分はどう転嫁するのか?」「市長選まで、財政制度は出さないといったのでは?」
と、言った質問を羅列してきます。

第一回で、今回のテーマの議論ができなかったため、これらの事に答えれば、今回のテーマに入る
と各党が要望があったため、キチンと説明させて頂いただけで、
100%税制制度が決まってる訳ではなく、法改正ができれば、今まで他党の批判方法である
「格差が出る・赤字の区が出る・行政サービスが守れない!」という状況が起こらないことを証明しただけです。
あくまで、今回のテーマ「区長の選び方・予算のあり方・区の適正規模」に関して、それぞれの
政党が意見を出すことが目的でした。

にも関わらず、上のような質問を攻めで、一向にテーマに入ることもなく、委員会終了。
(北区の吉村政調副会長が、テーマ入りを再三求めたにも関わらず・・・)


いつまでたっても、自公民さん、自分達の対案や想い言わないのね・・
都構想批判したり、特別自治市を掲げたり、ワン関西とか好き勝手言うくせにね・・
現状どうしたいの?特別自治市やワン関西の財政調整制度は?タイムテーブルは?

 既成政党の皆様、人の上げ足取るのが仕事でしょうか?もっと、建設的な話しましょうよ。
ちゃんとした、対案があれば 維新の会は受け入れる余地をもっている政党です。
何も都構想が全てじゃないし、大阪全域が特別自治市になるならOKだと代表も言っているし
道州制がすぐさまできるならその方が良い。

粗探しするまえに、政治家なら この大阪をどうすべきか考えましょう、行動しましょう!!


ちなみに、昨日は中央区の区民会議にパネラーとして参加しました。
ユーストリーム映像です。(一部ですが)
http://www.ustream.tv/recorded/17448910
56分ぐらいに、私が過激発言(坂上府議曰く)しております^-^
いい会議になりましたね。
スポンサーサイト

区民会議in旭区

さて、区民会議第二弾 旭区が昨日、終了しました。
私もパネラーとして参加させて頂きましたが、緊張感のあるよい会になりました。

この区民会議は、各区の課題を議員と一般で公募された方々 および 会場の皆さんで
忌憚なく話し合うのが趣旨であり、こういった皆さんからの率直な意見を、各区が
今のような、予算もない、区長を選ぶ権利もない行政区から、権限を持った特別区に
変わった際に、活かすための会議であり、住民自治というものをご認識いただくための会議です。

どんなボールが飛んでくるかわからない、会議の取り仕切りは非常に大変ですし
議長役の議員やパネラーは、それに応えていかなければなりません。

しかし、真摯に区民の意見や声を吸い上げる機関が、今の区にあるでしょうか?
維新の会の後追いで、区役所に予算を増やす!とか 区長を準公選にする!とか
言っている市長も、結局、住民ニーズを聞く名目で区政会議を開いておりますが
ほとんどが、役所から選ばれたメンバー(補助金が交付されている団体の長など)でしめられています。
茶番の区政改革を、任期間際の 選挙前に行ういつものパターンです。

区民会議は、橋下代表が来るという理由で、都構想のスケジュールや、W選挙の内容など
大きな話を聞きに参加される方が、多いのが実情ですが、あくまで区独自で地域の課題を
解決していくため、区が権限を持った後、ちゃんと皆さんの声を反映するためにやっている会議です。
(小さい話題ですが、非常に地域にとっては重要なことを議論しますので、ご理解ください)

このどこからボールが飛んでくるかわからない会議を、これからパネラーとして出席していきますが
ちゃんと、想いを伝えられるように頑張ります。

東淀川は10月22日 一緒に楽しい会議をやっていきましょう。ご参加お待ちしております。


<区民会議in旭区>
写真とっていなかったのですが、鶴見区選出の今井アツシ議員のブログに私の写真があったのでパクリました。
維新の会全体で最年少の彼ですが勉強熱心で頑張り屋な好青年です。
とりあえず、パクリもとのブログはこちらです。
http://ameblo.jp/imai-atsushi/day-20110916.html
 [check it out]

区民会議in旭区

移動つづき

九月に入って 初ブログになります。
八月末から、守島後援会の全支部にて、支部会を開催させていただき。
この度の、職員基本条例や 教育基本条例の理念を説明させて頂きました。
すべての会合で、なぜ、公務員組織が変わらなければならないのか、
自民党末期の公務員制度改革が頓挫した経緯から、ザル法に書き換えられた経緯まで
含めて、説明させていただくと、当初は「やりすぎじゃないか?」と疑問を
投げてこられた方々も、やはり行政が、もう一度尊敬されるような組織となるためには
やるべきだと!言ってくれる様になりました。
(こうした、周りの人達との話し合いが非常に大事だとつくづく思いましたね!!)

先日、みんなの党の渡辺喜美代表とお話させて頂いた際にも、安部政権時代の
公務員制度改革の話しや、今回の大阪の動きがメインの話題となり
まさに、地方から国を動かす行動をする一員であることに感慨深くなりました。

そして、9月に入ってからは、中華民国建国100年の交流行事や
インターナショナルスクールの視察をかねて、台湾を訪問しました。
やはり、台湾は活気があります!!国際教育の水準も高い。
大阪人は、寛容のようで、封建的な面も多い。
経済の発展のためにも、大阪にも、富裕層や外資を受け入れる懐がもっと必要だとつくづく思いましたね。
大阪が世界のハブになるために、権限委譲⇒経済特区⇒外国資本参入の流れを作ること
そして、それに見合った国際化、国際教養のレベルアップに尽力します。
(まず、私が英語をできるようにならなければ
 大学卒業時は、TOEICで660点あったんですが、今は300点台くらいでしょう

台湾から、帰った次の日にすぐ、民生保健委員会の行政視察で東京に!!
この委員会視察は、本当に勉強になりました。さまざまなところを視察したのですが
とりわけ、国立生育医療センターにおける、小児・周産期医療の話では、
中核医療や地域医療の適材配置などを講義いただいた上で、大阪市が建て替えを行なう予定の
住吉市民病院の正しいあり方を考える、いい材料になりました。

視察ばかり、ではなく、これからの行動にどんどん活かして頂きます。

<台北市議会訪問>
台北市議会の議員、陳玉華先生に、台湾行政について伺いました。
台湾は、県市合併や大幅な議員削減などドラスティックな改革を行なっており
その目的や手法、住民の反応などをレクチャーして頂きました。
台北の発展は、やはりスピード感の賜物、道州制や都構想をやるにも、
議論、詳細設計、住民理解という口上で、全く動こうとしない、国や大阪の既成政党にも
経済は生き物であり、スピードと行動が大事と理解して頂きたいものです

台湾2




プロフィール

守島 正 (もりしま ただし)

Author:守島 正 (もりしま ただし)
大阪市会議員(東淀川区選出) 
中小企業診断士
大阪維新の会所属

経歴:
豊里幼稚園→豊里小学校→大道南小学校→大桐小学校
→大桐中学校→大阪工業大学高校(現・常翔学園高校)
→同志社大学→新日本製鉄(新日鉄)

東淀川生まれ・育ち。
愛する大阪と地元の活性化のために邁進します。

HPは以下の通りです
http://t-morishima.net/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。